日本語教師養成講座を選ぶ際に注意すべき事

  • 日本語教師の養成コースとは?

    • 就職に直結しやすい資格にはいろいろなタイプのものがありますが、国際化の進展に伴って近年ますます注目度が高まってきているのが、日本語教師の資格です。民間資格ですが、取得しておくと国内外で活躍するチャンスが広がります。


      日本語教師は、読んで字のごとく生徒に日本語の書き方や話し方、文法などを教える教育職です。

      日本語教師の養成を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

      ただ、小中学校や高等学校のいわゆる「国語教師」と異なるのは、生徒のほとんどが外国人や帰国子女など、日本語を母語としない人たちだということです。

      つまり日本人が英語や中国語などを学ぶように、「外国語としての日本語」を学ぶ人たちが対象になります。

      そのため日本人に日本語を教えるのとは違ったスキルが求められます。



      日本語教師の主な就職先は国内の日本語学校や、企業の外国人従業員研修を受託する教育サービス会社などです。

      海外にある大学の日本語学科など、国外で就業するケースもあります。


      採用条件は就職先ごとに異なりますが、多くの学校等で求められているのが、日本語教師を養成する機関で所定の養成コースを修了しているか、日本語教育能力に関する検定試験に合格していることです。


      日本語教師の養成コースは、全国の大学や短期大学、各種学校などに設置されています。
      一方、日本語教育能力に関する検定試験は、日本語教育の普及を目指す公法人が認定する民間資格です。

      前記の養成コースがそのまま検定試験の受験対策を兼ねているというケースも珍しくありません。



top