日本語教師養成講座を選ぶ際に注意すべき事

  • 420時間の日本語教師養成が実は近道だったりする!

    • 毎年、日本にやって来る外国人の数は右肩あがりに増えています。

      日本語教師の養成の情報ならこちらにお任せ下さい。

      中には観光目的ではなく、日本に留まって日本語を勉強し、そのまま日本に滞在したいという外国人も少なくはありません。


      こうした事情から、外国人に日本語を教える日本語学校の数は、大都市を中心に多くなっています。そしてそれと共に日本語教師を志す人の数も増えているのが現状です。



      日本語教師に興味があるという人は、まずは資格取得への道は3つあるということを覚えておくと良いでしょう。

      まずは大学で日本語教育等を専攻したということです。それから、日本語教育能力検定試験にパスした実績というのがあります。そして3つめが、420時間の日本語教師養成講座を修了するということです。
      この中で1番目標に近づきやすいのが、養成講座の受講だと言えます。
      420時間などと聞くと長い期間学校に通わなければならないようにも思われます。
      確かに早い人でも半年ほどはかかり、仕事を終えた後に夜間のコ−スに通うとなると1年半ほどかかるのが通常です。
      しかし、自分の都合に合わせた講義を取ることで着実に夢に向かって進むことができるのも、養成講座ならではです。
      また、日本語教師の養成講座では、口座が修了した後に就職の支援やアルバイト先を紹介してくれるというところもあります。



      是非、実際に学校に足を運んで、体験講座に参加し自分にピッタリの養成講座を探してみてはいかがでしょうか。
      講義の雰囲気を肌で感じることができるはずです。

top